助成金に関して

josei02

キャリアアップ助成金

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

本助成金は次の6つのコースに分けられます。

  1. 有期契約労働者等の正規雇用等への転換等を助成する「正規雇用等転換コース」
  2. 有期契約労働者等に対する職業訓練を助成する「人材育成コース」
  3. 有期契約労働者等の賃金テーブルの改善を助成する「処遇改善コース」
  4. 有期契約労働者等に対する健康診断制度の導入を助成する「健康管理コース」
  5. 労働者の短時間正社員への転換や新規雇入れを助成する「短時間正社員コース」
  6. 短時間労働者の週所定労働時間を社会保険加入ができるよう延長することを助成する「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」

Ⅰ 正規雇用等転換コース

有期契約労働者等の正規雇用等への転換、または派遣労働者の直接雇用化を行った事業主に対して助成

【受給額】


  • 有期契約労働者⇒正規雇用 1人あたり60万円(大企業は50万円)
  • 有期契約労働者⇒無規雇用 1人あたり20万円(大小企業は20万円)
  • 無期契約労働者⇒正規雇用 1人あたり30万円(大企業は20万円)
※東京都の場合は受給額UPの可能性があります。

Ⅱ 人材育成コース

有期契約労働者等に対して就業訓練を行った事業主に対して助成

【受給額】


  • off-JT 賃金助成    1時間あたり800円(大企業は500円)
  • 訓練経費助成一般職業訓練及び有期実習型訓練 実費相当額 10~30万円(大企業は7~20万円)中長期キャリア形成訓練 実費相当額 15~50万円(大企業は10~30万円)
  • OJT  訓練経費助成   1時間あたり700円(大企業は700円)

Ⅲ 処遇改善コース

有期契約労働者等の賃金水準向上(※)を図った事業主に対して助成
(※)賃金テーブルを3%以上増額改定

【受給額】


  • 1人あたり1万円(大企業は7,500円)
  • 職務評価を活用の場合、1事業所あたり10万円を加算(大企業は7,5万円)

Ⅳ 健康管理コース

有期契約労働者等に対して法廷外の健康診断制度を導入した事業主に対して助成

【受給額】


  • 1事業所あたり40万円(大企業は30万円)

Ⅴ 短時間正社員コース

短時間正社員への転換や新たな雇い入れ(※)を行った事業主に対して助成
(※)ワーク・ライフ・バランスの観点から、正規雇用労働者が短時間正社員に転換するケースなどを想定

【受給額】


  • 常時雇用する労働者が300人を超えない企業1人あたり20万円(大企業の場合15万円)

Ⅵ 短時間労働者の週所定労働時間延長コース

短時間労働者の週所定労働時間の延長(※)を行った事業主に対して助成
(※)対象労働者の週所定労働時間を30時間以上延長し社会保険を適用

【受給額】


  • 1人あたり10万円 (大企業は75,000円)

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ


大きな地図で見る